シャチョーのブログ

28歳オンナの奮闘記

人見知り

私は人見知りです。たぶん。

 

みえな〜いって言ってもらったりしますが。

親しい人でも2人きりは苦手です。

親しくない人と2人きりは

手が震えてきたり、変な汗かいてきて

何話してるかわからなくなります。

沈黙に耐えられなくてオロオロします。

ご飯は味がしません。

 

でも、たまにバチっと合う人もいて

そんな人には初対面でも

全く人見知りしなかったりします。

 

環境とかタイミングとか体調とか天気とか

なんかそんなことが関係してるのかな、

とか思いますが、まだ研究不足で答えはわかりません。

 

誰かが、どんなに能力があっても

環境が合わないと最大の能力は発揮できない、

みたいなこと言ってました。

 

もしかすると私は自分を人見知りと決めつけてるだけで

本当は超社交性なのかもしれません。

ただ、合う環境が、ものすごく狭い範囲なだけで、、。

 

ところで

人見知りってなんでしょう。

調べてもピンときませんでした。

人を見知る、、、

なんかむしろ社交的に思える。

 

よかった探し

高校がキリスト教系の学校だったので

最初の授業が週に一度ありました。

大抵最初の3分間の黙想で寝てしまってましたが。

 

そんなつまらない授業の中でも

たまに面白いビデオとか流してくれてました。

 

その中のひとつで私の心に残っているものを

ご紹介させてください。

愛少女ポリアンナ物語

この物語の内容はざっくりですが

ポリアンナは幼くして母を亡くし、

牧師の父に、どんな逆境にあっても

喜びを見つけ出す「よかった探し」を教わり、

明るく元気に過ごします。

しかしその父も早くに病で亡くし、

一人ぼっちになったポリアンナは、

親戚のおばさんに引き取られて意地悪をされつつ暮らすけど、

ポリアンナの明るさに惹かれて

他の周りの大人がおばさんから守る、、、?

みたいな物語です。

 

そうだよな、いいことに目を向けて生きよう!

よかった探し、いいじゃん!はじめよう!

とその日に思って、今もこっそり続けてます。

どんな苦しいことの中にもいいことはあるはず

と信じて明るく前向きに過ごそうと努力しています。

 

ただ、先日、よかった探しって

なんていう物語だったかな?

と調べたら「ポリアンナ症候群」という

ものを見つけました。

 

以下検索結果です。

「現在の状況に大きな問題が生じているにもかかわらず、良い 面だけを見て、悪い面を見ないようにする傾向のこと」

 

おやおや、

なんでもいきすぎると病気ですね。

私もポリアンナ症候群かもしれないですね。

 

f:id:erication:20240118231238p:image

最近ずっとスイカゲームしてます。

馴染む

最近グループ会社で

ヘッドハンティング会社を使って

採用する波があります。

 

入社した方々は、ちょっと偉いポジションに

配置されることが多いです。

 

鼻毛と一緒で、

外から入ってきたものは

外に出したくなるものだと思うんです。人って。

 

皮膚の移植と一緒で

拒絶反応起こすと思うんです。会社って。

 

元々いる人間たちが

採用された人が味方だとわかるまで、

与えられた地位に値すると認められるまで、

 

採用された人が

入った会社の人間関係を把握するまで

ふるまい方をマスターするまで

 

要するに「馴染む」まで

半年くらいはかかる感覚です。

 

あれが気に入らない、これが気に入らないって

自分でできもしないくせに

文句ばかり言うんです。私も含めて。

 

ーーーーーーーーーー

なじ・む【×馴染む】
の解説
[動マ五(四)]

1 人になれて親しくなる。

 また、物事や場所になれて親しみをもつ。

 「都会の生活に—・む」「土地の言葉に—・む」
2 味わいや調子などが一つに溶けあう。

 ほどよく調和する。

 「家風に—・む」「足に—・んだ靴」


3 同じ遊女のもとに通いなれる。

 なじみになる。

 「はや四年も殿とは—・みまゐらせ」〈浮・一代女・三〉

 

ーーーーーーーーーーー

 

私は昔から新しく知り合った人を

味方と判断するのがものすごく遅いです。

ほぼ鼻毛です。

 

ほぼ鼻毛に飼われてぐったりな犬です。

f:id:erication:20231216185459j:image

プログラミングスクール通い始めました

PHPの講座受けてます。

 

これまでいろんな言語の本買ってちょっと読んでみたり

AWSの資格取ってみたりしましたが

何を勉強しても全くしっくりこなくて

この度プログラミングスクール始めました。

 

3講義目まで受けて、

すでに問い合わせフォームを作成して、

今は電卓を作成しています。

 

授業にはついていけているけれど、

なんだかよくわからない。

ってのが今の感想です。

 

だから質問ありますか?と言われても難しい。

 

これを書けばこう動く。そういうもの。

 

プログラミング言語っていうだけあって

今は言葉を学んでる感覚です。

暗記というか、習慣化みたいな。そういうもの。

 

私は暗記はあまり得意ではなくて

理由がないと頭に入りません。

 

だから、私向けのカリキュラムとして

こういうロジックで動くから、

こういう風に書くんだよって

教えてもらいたいな、というわがままを抱えつつ

授業を受けております。

 

なんとなくプログラマーって

理系のお仕事だと思ってましたが

実装に関しては文系の方が向いてるのでは?

と思う今日この頃です。

 

最近フレッシュハーブティー始めました。

 

f:id:erication:20231213011002j:image

どこで働くかより誰と働くか

ずっとそう思ってました。

 

前職の大手企業を辞めた時も

今の会社を辞めたくなった時も

もっと成長させてくれる上司がいるはずだ。

もっと前向きに働ける仲間がいるはずだ。

私の居場所はここじゃない。

そんなことを思いました。

 

でも、そうじゃないような気がしますね。

言い訳でしかないように思います。

 

どんな環境でも

やる人はやる。伸びる人は伸びる。

文句ばかり言う人はそれまで。

、、、なんじゃないかな。

 

自分のぼんやりとした不満、不安を

他人のせい、環境のせいにして

逃げている、、、んじゃないかな。

 

わからないですけど。

 

稼ぎたい!

って思っても

とんでもなく運が良くない限り

明日から突然稼げるってことはないですし

 

つらい!面白くない!

って騒いでも

じゃあ辞めれば?ってだけで

収入がなくなるだけですよね。

 

つらい環境、つまらない環境でも

やることやり続けて、認められた人が

稼いでるんじゃないかな、と思います。

 

会社員でも、起業家でも。

 

このすごいな、、、。

って思う方は、ものすごく忙しそうですもんね。

その方にお願いすれば間違えないと、

社会が認めて、上司が認めて、仕事が集まる。

 

まとまりませんが

 

稼ぐには

やり続ける、一番近道なんだろうな。

と思うこの頃の私でした。

 

私はまだ飼っている犬にさえ

ご飯をあげ続けても

うんちの掃除をし続けても

接吻を認められてない。

 

厳しい世の中です。

 

f:id:erication:20231006204202j:image

2期目突入

1年経ちました。

ものすごくあっという間

という気もすれば

ものすごく長かった

という気もします。

 

無事黒字で着地ができました!

ホッとしている暇もなく2期目がスタート。

 

いやあ、、、

振り返ると本当にいろんなことがあって

ひたすら辛く苦しい日々でしたね。

力が入らなくて起きることができない日も

何があった訳でもないのに涙が出る日も

耳鳴りめまい吐き気でどうしようもない日も

少なくはなかった気がします。

 

筋肉と同じで

心も負荷を与えたら

痛み伴うんだなあって感じました。

でも!

痛みの先には成長あるよなあって信じてます。

 

目指せメンタルマッチョ💪

 

これからもたくさんの人に

支えていただきながら

いつか誰かを支えられる側の人間になります!

 

向き不向きより前向き!!!

 

あ、そういえば!

AWSクラウドラクティショナーに合格したんです✌️

f:id:erication:20230922202127j:image

資格って持ってると安心するんですよねえ笑

ホームページのこと、

弊社のホームページはちょっとひどいです。

 

左上のロゴからホーム戻れないし

各所リンクがうまく行ってない。

 

何を隠そう、私が作ったからです。

 

とはいえ、このままでは

弊社のエンジニアのものづくりに

不安を持たれてしまうので

きちんと人に頼むことにしました。

 

夜な夜な私が背伸びして

イラストレーターで作成したデザイン。笑

本当はパワーポイント、エクセルあたりで

作りたいところでしたが格好つけました。

 

f:id:erication:20230721214354j:image

 

これがどこまでそれっぽくなるか、

楽しみですね!!!

 

写真も撮らないとなあ、、😭